上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昔、年齢の近い「いとこ」がいたせいか、比べられてました。身長の事やら性格など。
性格について、いとこの父は、よく褒めていて「女にしとくのはもったいないとか、
物おじしない性格とか」言ってました。それを褒めてもらえて、いいなぁって思ってた子供の自分が居ました。

ちょうど小学5年くらい、いとこと私の父でドライブに行った時。。。
いとこが、「(私のことを)ネコかぶってるよね」と言って来た時、父も同調して「そうや、そうや」と言って来たんですね。これは当時の私には、結構ぐさっと来ました。

その頃かなぁ、自分の二面性を自分でも自覚して来ていて、友達の中では大声でジョークを繰り出してるんだけど、人前(発表)や先生の前では大人しくなってしまう自分。

的を得ている発言であったけど、それからいとこと距離を取る様になってました。
幼いころは仲良かったのですが、思春期前って残酷な面もあるので「私より妹が好き」と言われたり、母のこと嫌い、と私に言ってきたりと・・・。(それでも、ムキになって言い返してました。私もあなたの妹の方が好きと;;傷付きたくないゆえの、傷付けあい??)

●その後、お互いに大学生になり海外にも遊びに行ったりする行動的ないとこをみて、「私も行ったらいいのに!
どんどん行くべき。」と親に言われたものです。「○○ちゃんみたいに」と。私はバイトという居場所を得て充実してたので、いい!と言い返してました。
ですが、引っかかる「いとこ」キーワード。いつのまにか、いとこの近況にビクビクしたり、嫌な感じを持ってました。
○○ちゃんみたいにならなければいけないのか?とも思ってました。私って何だろう?自分探し。親が期待するからだったかな?


いとこは、直球の人です。今もです。
法事の席でも、自分が結婚した後に「(私の)結婚は?」とか笑顔で聴いて来ます。すごく苦手でした。
もちろん結婚したあとに「子供は?」も。普通の質問なんだろうけど、特に結婚については、しんどい時期で聴いてほしくないネタでした。

時を経て、私はとあるきっかけで「この劣等感、なんだか腹立つ感じ」をバネにしてやる!と思い奮起しました。努力のかいあって、ある事を成し遂げました。(恨み・ねたみ・悲しさなどを昇華させた感じ)そのせいか、今はだいぶ対等な感じです。

いとこも丸くなり、子供が出来てから、お互いたまーに会ってます。今は御主人に付いて行っての家族で海外です。距離が出来て良かったと思う。距離が大事ですね。テンション高めで会った後に疲れる相手です。

今思うのは、いとこももしかして私をライバルみたいに思ってたのかな・・・。
家では比べられてたり。いとこ、激しい思春期の反抗をしてたのを思い出します。
私も思春期の反抗あったけど、なかったとうちの母には言われますね。
多分、覚えてないだけだとおもうなぁ。


●きっと親にいとこから自分を守ってほしかったんだなぁ。「この子はこういうとこがいい!」とか。
●一度、キツイ言葉を受けてから怖い感情が消えず、いとこ家族に会うのも怖い。話をまた聴きするのもしんどい。これはきつかった。今はやっと少しは消えました。
●親はやはり子供を褒めて育てるのが一番。怒るときは間髪いれず。。自分の子を比べては絶対だめ。

自分の親を反面教師しまくりの私です。すべて逆を行くぐらいの勢い・・・。
書きだして、今後もトラウマを客観的に見ようと思います。

●いとこが会う度に、私を「大人しい」と言ってくるのは、また別の意味がある気がしてます。
自分の積極性からの優越感?を口に出して、すっきりしてるのかな、まぁいいや。気にしなくなってます。
いとこなりに自分と対照的な私をいい意味で、ちょっと自分が優位に立てる相手って感じかな?
サプライズの幸せ話を私に直で話して、私の顔色をうかがうことが2回あったので。


書いてるとすごい「いとこ」ですね。嫌になるのも当然。
でもいいとこもやっとこ発見してるんですよね。・・・適当さは見習いたい!


スポンサーサイト
2012.09.26 Wed l SADの私の日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sac31.blog42.fc2.com/tb.php/207-1d7cebe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。