上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今読んでる本があります。最近買ってみました。「一生折れない 自信のつくり方」ってタイトルです。
本屋さんで立ち読みで、これは欲しい!と、レジへ。レジの人や後ろの人にタイトルを読まれないかと、動揺を隠せなかったんですが、(レシートを落とし、さっと拾いました('ー'*))そそくさと帰って来ました。

自信がある、ないは自分が決めるんですね。いつからか周りに貼られた「レッテル」を自分イメージとして抱いてて、それを元に悩んでしまって。たとえば「○○ちゃんは、おとなしいから・・・」。

そんな見方をされて、その自分見本を基軸に、おとなしい私なんだから、こういう時はこう行動するのが普通かな、なんて合わせてたような。。。。本当は、言う時は言ったり、意外な大胆な部分もあるけど、抑制がかかっちゃう。

なぜか??

きっと、自分ではなく他人の決めた「自分」を生きてたんでしょうね。本によると。。
でもって、本当の自分はこうじゃない・・・と悩んで。もっとちゃんと出来るはずとか、もっと社交的に出来るはずなのに・・・と理想と現実のギャップで自分を責めてしまって。

もうレッテルは他人に勝手に貼って貰ってもいいよ、「だって自分は自分、本当の自分は自分が一番良く知ってる、それで十分。どう見えようと。」こんな折れない自信を持ちたいなぁ、と思う30代前半です。元から自信たっぷりある、というそぶりだけでも、後から自信が付いてくる、とか。訓練が要りますが自分の良いイメージを持って一日を生きたいものです。

積み重ねていこう。ちょっとずつまだしてないドキドキ経験を。


●最近の良かったこと●
久々の電車一人乗りなのに、前の席の方がまったく気にならなかった。
どこに視線をやればいいか悩みすぎることがなくなった。端っこならもはやOKかも。





スポンサーサイト
2011.12.22 Thu l SADの私の日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sac31.blog42.fc2.com/tb.php/150-46bc38d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。