上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日、アマゾンで頼んでいた「鏡の法則」という本が届いた。

自分の今ある状態は、かならず原因がある、というメッセージ。本を読んでいて、私の場合は「母」に対して最近とくに「悪いイメージ」でしか見てないなぁ、と気づかされた。私が大学に入る頃から、専業主婦の母。

昔は、共働きで働いてた母だったけど、家に落ち着くようになり、気軽に会う友達も知ってる限りでは、「いない」ので、世間慣れしてない感がある。

中学生の頃から、私が母のグチの聞き役。あの頃は、聞きたくない大人の裏話まで聞かされて、拒否するという考えもないくらい純粋に話を聞いてたなぁ。

最近の母は、バスで出かけたりしても、降りる間際に1万円札しかなく、テンパってしまったり。。
妹のとこへ一人で電車乗り継ぎで行って、途中で逆方向へ乗ってしまったり。。
なんだか急に頼りなくなってしまったなぁ、という印象。

そして、私が「結婚適齢期」になると、毎日急かしてきたり、近所の同い年の子と比べてきたり。。世間体に振り回されてる母でした。

正直、結婚と同時に初めて家を出て、母が依存してくる関係もなくなる!と気分が楽でした。
でも、私も暮らしの中で相談したいことがあると母にTELをする。

私も母をまだ頼ってるんだな。
TELのたび、ご近所の苦手な人の最新情報を言おうとするけど、私もその人が大の苦手になり、ウワサだけでも気分が悪くなる。「もう電話切るわぁー」、とガチャンと電話を切っている。。
母も嫌なことを持ってられないタイプなんだけど、妹ではなく私にだけ吐き出す癖が治らない。

母が「苦手、もしくはグチった人」のことを刷り込みのように、嫌いになってしまった所がある。
とくに親戚のことを悪く言ってた時期があり、今も私のトラウマでもある。
親戚の前でSAD症状が出てしまうのが、今とても辛い。

あの人は「ああいう人。」みたいな決め付けや、悪いトコしかみない発言を、私は子供の前では聞かせないようにしよう。

********************************************************************
こんな母だけど、中学の時に実母を亡くし、のちに「実父」と「後妻さん」と一緒に暮らす中、お弁当を作ってもらえず、自分で作ってたらしい。いろいろ話たり相談したかった時期に「母」が居なかった。

その辛さや悲しさや不安は、計り知れない。。

「母」が居ない子だからって、他人から後ろ指さされないように、何とか世間並みに・・・
そう思って思春期を過ごしてたらしい。

母なりに子育て大変だったろうな。お姑(私の祖母)も全く手伝わず、で産んだっていうし。

ずっと一人で背負って来たんだな、誰にも弱みを見せまい!と頑張って来たんだなと思う。

まずは、母が昔愚痴ったことや世間体を押し付けるところにある「背景」を理解して、もう少し母に優しくなれたら・・・と思ってます。
スポンサーサイト
2009.04.14 Tue l SADの私の日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sac31.blog42.fc2.com/tb.php/15-5b49eff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。