上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日は、友人宅へ行ってきました。
はじめての訪問だったけど、そんなにはじめはドキドキせず。。
けども、いざお宅へ着いて奥へ行き、お土産渡すのとか何だかドキドキ。。

なんかどぎまぎするんですよね。
どのタイミングでとか。。。

そんでもって、しばらくすごい話してるのに、急に不安感が来て、
一気にしんどい表情とパクパク?なって話せないになってしまって友人を驚かせたかなぁ、なんて
また勝手に一人どうしよモードに入って。
パクパク=言葉がすぐ出てこない感じ。つまったような感じ。
きっと緊張で過度に話しすぎて空気が吸えてない。

なんとかすぐ立ち直れたけど・・・

狭い空間で窓も開いてないとなるとほんと、圧迫感が。
外の方が自然にいてられる気がします。

まぁいいや。頑張った。
途中から自然に行けた。力入り過ぎなんよな、またヨガしよう。

あぁ、今週は人間ドックにも行きます。緊張が続くよ。




スポンサーサイト
2010.10.18 Mon l SADの私の日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
深夜に息子の夜泣き(軽い)で目覚めた次第です。。

前から思ってたのですが、子ども110番の家(不審者とか、何か困った時に
掛け込めるお宅やお店など)ってあるように、電車や歩いていても「あ、だめだ・・」
とか「しんどい、途中下車して休みたい」みたいな場合に、寄れる「SAD 110番の家」。

みたいなのって点在すれば、助かるなぁ、と思うんですが、どうなんでしょうか。
その時に家にだれもいないと「がーん」ですが、携帯に連絡があり、あらかじめこの駅で下車予定。
みたいなのがあれば、おうちで少しお茶でも飲んで、SAD同士少し距離感もなく、
別にお話しなくとも、、、復活次第、また目的場所へ。。。
医療的なことは一切できないけど、お互いSAD同士なので緊張せずにSOS出来るかな??

みたいな感じで。。

ちなみにうちは子がいますが、出来る範囲で、もちろん時間があえば
「お茶」でも出して、一服どうぞ・・・・なんて出来そうやな、なんて。
女性限定になるけど、目的地行く途中にあそこがある、みたいな感じいいかも。。

あくまでアイデアですが、コメントあれば嬉しいです。
2010.10.15 Fri l SADの私の日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日は調子おかしかったです。気分がめいっていたというか…、
というのも、その前の晩に妹から電話で母の話を聞いて、

母特有の物言いで、「一度(妹が)迷った場所にまた帰ってくるというで…」とか、
そんな迷信聞いたこともないのに、妹がなぜか昔住んでた場所を見に行きたいと
久々の帰省で行ったもので、出たんでしょうか。

妹に実家に帰って来て、なるべく家に近い地域で嫁いで欲しい感がすごかったらしく。。。
今妹の1人住む県で付き合っている人と、「結婚を焦って決め」なくとも・・・と言われ、
何だか悲しいです。はっきり言わないのが母特有。

その日は母と電話で、前日妹らと行ったお祭りの最後にやっとタオルを受け取り、
その神社が偶然、私たちの住むとこの神社に近いから?か、
「(うちの息子が)お医者さんになるっていうお知らせやわ」
とか、言うし。。。

こういった母の考え方に思春期くらいから付き合って来て、聞かされてきて
いい加減流せる年齢に私もなってるのに、嫌な気分に引っぱられます。

母の「独特な世界感」を間接的に聞いても、直接聞いても具合が悪くなる
事があり、難儀です。

思春期は、それを普通に受け止め、同じフィルターで世界を見ていた
気がします。無理やり世の中のブラックな事を聞かされてたのですが。。。

高校ぐらいの時、母がおかしくなったときも、なぜか冷静に頑張ってました。
家族皆、「お母さんおかしいで」と言いつつ、病院も父が連れてったけど
お医者さんと合わず、勝手に薬を飲まなくなり、行かず。

当時は、幻聴とか妄想とか急に話せない(失語)、などがありました。
母の病気は一体何だったのか。。。まだ分からない。

妹が覚えてるのは、母が押し入れにこもったことがある、という事件。
私は高校生だったらしく、でも覚えてません、多分ショックで記憶消したんでしょうか。
こういう不安定な母をプチママとしてささえてる時期がありました。

この時期、高校でもキツイ時期でかなり精神的に来てました。
が、逆にここで私がしっかりしな!と踏ん張ってました。

そしてついにキレて、少しずつの不登校に。
でも奇跡のカムバック。はじめて行った心療内科で気が楽になりました。
その時は、クラスの担任が原因と思ってたけど、「母」が原因だったとは。。。
自己を探す大事な時期に、ダブルで来た時期でした。

今は外交的ではないけど、母も一通り普通の生活を送ってます。
私も離れて過ごして、だいぶその「鎖?」もほどけて来ています。
電話で直接過去のつらかった事を言う事もあったけど、謝ってくれてもう言ってません。
消化されてきた感があります。

そんな母も中学生で母が無くなり、継母が来て、義理の弟が出来て苦労してます。
「母」のモデルがいないため、悪戦苦闘した結果、そうなったんでしょうか。
「母」という存在が、子に与える影響を改めて思う今日この頃です。


長く書きましたが、消化されました。
なんだか許せそう。無理せず明日も過ごそう。。切り替え、切り替え。









2010.10.14 Thu l 過古吐き出し l コメント (0) トラックバック (0) l top
先週の旧職場へのご訪問(息子連れ&先輩もいっしょ)は、なんとか行けました。
どっちかというと先輩の方が、元上司と話しこんでいたので助かりました。

私は少しうなずいたり、って感じで。
ほかは、息子が動いて動いて話し聞けてませーん。
ほぼ抱っこでした。

今年の緊張行事はあとは人間ドックと息子予防接種くらい。。。
ならぶのが嫌なのよなー。もっと早くさばいてよな。。ってイライラ来ます。
体温計が旧式で、会場では鳴ってるか分からない。
もうみんな要領かまして、適当に言ってたり・・・

前回、それが出来ず「ならない!」とキレてしまったので、
なんか嫌な会場(ポリオ集団接種)としてトラウマです。。

まぁ、今回は最後の方に入ろう!
もう抱っこ待ちで40分は無理!

今度はキレずにもう余裕で行きたい。
息子よ、頼んだよ。。。



2010.10.08 Fri l SADの私の日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。